雪月風花―夢幻鏡花風月―

知識・技術のないド素人が詩のようなものや超超短編の小説もどきなどを綴っているブログです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に召しましたらクリックお願い致します(〃人〃)
お気に召しましたらクリック頂けると心が潤います。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『彼女の相談』


その瞳は、虚空を見つめていた。
頬には涙の跡。まだ乾いていない襟元。
心の中はもんもんとどす黒いものが渦巻いている。
そこには漆黒の渦の中、もがいてもがいて飲み込まれまいとする自分の姿があった。
薄暗い部屋の隅に膝を抱えている彼女は彼女自身と戦っているのだ。
己の弱さ、人への嫌悪、出されることの無い助け舟。

彼女は複数の人間と討論すると必ず独りになる。発する意見に賛同する人間がほとんど毎回いないのだ。悩みを相談するときも同じだった。求めているのは”反論”ではない。大勢の人間がそうである様に彼女もまた反論を聞く為に相談しているわけではないのだ。
しかし、記憶にある限り彼女は「それは辛いね」とか「わかるわかる!」とか第一声で言われることはまずなかった。
そんなことがあるたびに思い悩むのだが、今回は積もり積もった感情が大きな波となって彼女を飲み込もうとしているらしい。
「何故、誰も理解してくれないのか…」という思いと「やっぱり自分が身勝手なのか」という思いが交差し、過去のものも混ざり自分自身感情の処理に困っていた。

一時は感情の高ぶりから涙を流した。しかし今は、絡み合ったその感情を一つ一つ確認するように解きほぐしている。
彼女はいつもそうして自分自身を納得させていくのだった。
孤独な作業だった。普通は一人で処理しきれないことを人に話し、少し楽になるという相談のパターンなのだろうが彼女はそれをすることで更に心の負担が増えてしまうのだ。そして結局それを自ら収めていく。
だけど何故だろう、彼女は相談をやめない。まるで人を必死で信じようとするかのように。

そして今日も彼女は理不尽さを飲み込み「話す」、誰かと…どこかで…。


     ──完──




何か伝わりましたら
【拍手】を(*`・ω・´)σポチッっとして頂けると嬉しいです。



『周りの人間は自分を映す鏡』なのかもしれません。
相手を変えたかったらまず、自分が変わる。そう言っている人も少なくありません。

自分を変えることも、とても難しいことだと思います。
けれど、歩み寄るためには必要でしょうし、一人ひとりがそれをすれば
ほんの少しの変化で大きく近づくことが出来るでしょうね。

少なくとも私はそう信じ、そうなれるように…時間はかかるでしょうが少しずつ変わっていきたいと思います。




お気に召しましたらクリックお願い致します(〃人〃)
お気に召しましたらクリック頂けると心が潤います。
Hiroさん

そうですよね、言葉って難しいですよね。
言い方もあるかもしれません。
ただ、私は自分が気をつけられるときはその人の意見を尊重した上で相対する意見を言えるようには心がけています。
相談してくれるということは私を信頼してくれていると思うからです。否定され続けると、心の中にしまいこんでいつかはその人が壊れてしまうような気がします。たとえその人に問題があるとしても、相談するということは何らかの助けを求めているのだと思うから…。
「彼女」は人の話を聞く心のゆとりのある人を探せないでいるのかもしれません。と同時に「彼女」にも人の話を聞くゆとりが無いのかもしれません。

コメントありがとうございます。
[ 2009/08/10 22:16 ] [ 編集 ]
人はそれぞれ考え方が違うから、いつも反論されてしまうのは・・・ 
考え方もあるかもしれないけど、伝え方もあるかもしれませんね・・・

時々同じ言葉でも取り方が正反対になっていたり、
全く違う解釈だったり・・・ということがありますので、
あまり彼女自身が自分を責めてしまわずに、
そんなところを見つめていかれてもいいかな、と思います。

[ 2009/08/10 12:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

☆書き人のこと☆

紫桜 杏紅

Author:紫桜 杏紅
ご訪問心より御礼申し上げます。
詩は感性で観るものなので心に合わない方はそっと通り過ぎてくださいませ。
お気に召しましたら拍手&コメントして頂きますととても嬉しく、心が潤います。
粗末なものですが、お時間と心が許されましたらご一読くださいませ。

Copyright ©雪月風花―夢幻鏡花風月― 紫桜 杏紅. all rights reserved.

☆いらっしゃいませ☆
☆お絵かき掲示板☆
ATELIER

↑観てくださると光栄です♪
お絵かきも自由です☆
が、不快なものは削除させて頂きます。
☆ブログパーツ☆

桜花爛漫☆花吹雪


↑此方で作成しました(*ノωノ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。