雪月風花―夢幻鏡花風月―

知識・技術のないド素人が詩のようなものや超超短編の小説もどきなどを綴っているブログです。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に召しましたらクリックお願い致します(〃人〃)
お気に召しましたらクリック頂けると心が潤います。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『いえぬ傷』

『いえぬ傷』




心を傷つける誰かは
心が傷ついたことを知らず

心に残った傷は
傷つけた本人が思うより深く

傷跡が塞がる事はなく
事あるごとに心を蝕む

泣くことも耐えることも
抗うことも…無反応ですら
許されることなく

傷口から溢れ出たものが
心を濁らせる
目を…口を…濁らせる

また
誰にも言えぬ傷が

口を 開ける



理解して頂けましたら
【拍手】を(*`・ω・´)σポチッっとして貰えると心が救われます。







癒えぬ傷は誰にも言えぬ傷

本当は

”言えぬ”ではなく

理解されないから”言わぬ”

でも結局は”言えぬ”なのかもしれない




お気に召しましたらクリックお願い致します(〃人〃)
お気に召しましたらクリック頂けると心が潤います。
紅詠 蓮さん
嫌なことを思い出させてしまってごめんなさい。

私自身いじめられたり、理解してくれる人がいなかったり…
心の支えになってくれる人が居なかったり…
そして今でもその苦しみが時々襲ってきます。
”もう昔の話でしょう”と言われても、染み付いてしまったその傷跡は
やっぱり風化することもなく残っているのです。
些細なことで心の中のそれが口を開いて…そんな心の叫びを言葉にしたものです。

コメントありがとうございます。
[ 2009/08/30 23:52 ] [ 編集 ]
筱さん
訪問&コメントありがとうございます!

心の傷の手当が出来たなら…
そうですね、言われるように強くなれるかもしれません。
そんな相手に巡り会えたら…
きっと素晴らしい人生になるのでしょうね!

改めて、コメントありがとうございます。
[ 2009/08/30 23:46 ] [ 編集 ]
空━kuu━さん
心の傷は他人の目には映らないから知ってもらうことも難しいかもしれないです。
言わなければ伝わらないですが、言っても伝わらないような気がしてなりません。
私自身、他の人の傷はわかっているようで解っていないのではと思っています。
ただ、わかろうと努力はしますが…。

コメントありがとうございます。
[ 2009/08/30 23:38 ] [ 編集 ]
人間関係で色々あった自分には凄く心に沁みました。
自分も傷付けられたけど、その分誰を傷付けてしまったんだろうか…。
その傷は深いものなかのか…。
凄く色々考えてしまって、涙が出てきてしまいました。
[ 2009/08/29 18:53 ] [ 編集 ]
お邪魔します!
こちら側では初めまして。筱と申します!

いじめの多発化する昨今で、とても心に残る詩だと思いました。
言えぬ傷だとしても、それを言える傷にし、
誰かに手当てしてもらうことが出来たなら、
その人はさらに強くなれるのだろうなと思いました。

良い詩を有難うございます(*・ω・*)
[ 2009/08/29 18:10 ] [ 編集 ]
こんにちは
心にしみる詩ですね。

体の傷は時間がたてば治るけれど、心の傷はいつまでも1人で抱え込みがちで怖いです(>_<)
「癒えぬ傷は言えぬ傷」「言えぬ傷は言わぬ傷」…とても考えさせられました。
[ 2009/08/29 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

☆書き人のこと☆

紫桜 杏紅

Author:紫桜 杏紅
ご訪問心より御礼申し上げます。
詩は感性で観るものなので心に合わない方はそっと通り過ぎてくださいませ。
お気に召しましたら拍手&コメントして頂きますととても嬉しく、心が潤います。
粗末なものですが、お時間と心が許されましたらご一読くださいませ。

Copyright ©雪月風花―夢幻鏡花風月― 紫桜 杏紅. all rights reserved.

☆いらっしゃいませ☆
☆お絵かき掲示板☆
ATELIER

↑観てくださると光栄です♪
お絵かきも自由です☆
が、不快なものは削除させて頂きます。
☆ブログパーツ☆

桜花爛漫☆花吹雪


↑此方で作成しました(*ノωノ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。